これからの舞台

会場は全てビーコンプラザフィルハーモニアホールです
大分会場で見る場合は → 大分市民劇場の会場と日程

第90回 1月例会 2019年1月29日(火) 18:30開演

加藤健一事務所  喝采

作/クリフォード・オデッツ
訳/小田島恒志・小田島則子
演出/松本祐子
出演/加藤健一、竹下景子ほか

酒浸りの日々を送るかつての名優フランクが、急遽芝居の代役に。彼を献身的に支える妻のジョージー、そしてフランクを敬愛する演出家バーニー。その3人の心のひだが細かく描かれる心理ドラマ。

 

第91回 3月例会 2019年3月21日(木) 18:30開演

前進座  裏長屋騒動記

監修・脚本/山田洋次
演出/小野文隆

出演/藤川矢之輔、嵐芳三郎、益城宏、西川かずこ、江林智施ほか

子供の頃から大の落語好きの山田洋次監督が、前進座へ書き下ろした新作歌舞伎。落語「らくだ」と「井戸の茶碗」を脚色した裏長屋人情喜劇。

 

第92回 5月例会 2019年5月21日(火) 18:30開演

劇団民藝  夏・南方のローマンス
                ―「神と人とのあいだ」第二部―

/木下順二
演出/丹野郁弓
出演/伊藤孝雄、齊藤尊史、塩田泰久、桜井明美、中地美佐子、ほか

女漫才師の恋人は、南方の島で通訳をしていたがBC級戦犯として極刑に。しかし、命令を下した上官は罪を免れ帰国。戦争責任はどこに。未精算の過去を問う。

 

第93回 7月例会 2019年7月30日(火) 18:30開演

劇団文化座  旅立つ家族

原作/金義卿
演出/金守珍
出演/佐々木愛、藤原章寬、髙橋美沙、有賀ひろみ、ほか

今では韓国の国民的画家として有名な李仲燮(イ・ジュンソプ)の生涯。妻は日本で知り合った山本方子。朝鮮で結婚するが、家族は朝鮮戦争で引き裂かれる。激動の時代を生き抜いた芸術家の魂と家族の愛

 

第94回 9月例会 2019年9月16日(月) 18:30開演

テアトル・エコー  八月の人魚たち

作/J・ジョーンズ、N・ホープ、J・ウーテン
訳/鈴木小百合
演出/酒井洋子
出演/森澤早苗、薬師寺種子、杉村理加、渡辺真砂子、重田千穂子

大学の水泳部の同じチームで活躍した5人の女性。毎年8月終わり、避暑地アウターバンクスのコテージに集う事を何よりも大切にしている。44才、49才、54才、77才の四場。

 

第95回11月例会2019年11月13日(水)18:30開演

文学座  怪談・牡丹燈籠

原作/三遊亭圓朝
脚本/大西信行
演出/鵜山仁
出演/早坂直家、富沢亜古、大原康裕、石川武、ほか

浪人新三郎に焦がれ死にしたお露と後を追った乳母お米。幽霊となりお露は新三郎と契りを結ぶ。それに気づいた伴蔵は幽霊から新三郎を守るためお札を貼るが、100両の金に目がくらみ・・・

 

第96回 1月例会 2020年1月

無名塾  タルチュフ

作/モリエール
訳/鈴木力衛
演出/髙橋和男
上演台本/岡山矢
出演/仲代達矢、ほか無名塾総出演

フロンドの乱で王のために戦ったオルゴンは、年若いエミールと再婚し静かに余生を送っている。そこに、熱心なカトリック信者を装ったタルチュフがつけ込む。

 

第97回 3月例会 2020年3月

エイコーン  愛の讃歌・ピアフ

構成・演出/加来英治
出演/栗原小巻
ピアノ/城所潔

大道で、一人の娘が歌っている。それをクラブのオーナーがピアフ(雀)と名付け、本物の歌手に育て上げる。愛と孤独と裏切り、そして希望。波乱に満ちた48年の生涯。