これからの舞台

会場は全てビーコンプラザフィルハーモニアホールです
大分会場で見る場合は → 大分市民劇場の会場と日程

第103回3月例会2021年3月30日(火)18:30開演

 イッツフォーリーズ
  ミュージカル おれたちは天使じゃない

原案/アルベール・ユッソン
脚本/矢代静一
脚本・作詞/藤田敏雄
音楽/いずみたく
演出/金澤菜乃英(青年座)
出演/横堀悦夫(青年座)、吉田雄、藍実成(サンビーム)ほか



雪深い山荘に3人の脱獄囚が逃げ込む。そこでは、偽物のピカソをつかまされた画商の父が、知的に遅れのある末娘と心中を図ろうとしていた。

第104回5月例会2021年5月24日(月)18:30開演

 加藤健一事務所
  ドレッサー

  作/ロナウド・ハーウッド

訳/松岡和子 演出/鵜山仁

出演/加藤健一、加納幸和(花組芝居)ほか

 

第二次大戦下のイギリス。とあるシェイクスピア劇団。若くて健康な俳優は軍隊に取られてしまった。年老いた座長のため、ドレッサー(付き人)ノーマンが「リア王」の幕を開けようと孤軍奮闘する。バックステージドラマの金字塔とも言える作品。

第105回7月例会2021年8月12日(木)18:30開演

 こまつ座
  母と暮せば

原案/井上ひさし

作/畑潭聖悟 

演出/栗山民也

出演/富田靖子、松下洸平

1948年(昭和23年)8月9日、長崎の斜面にへばりつくように建てられた一軒の家。十字架と遺影が飾られた部屋。「だれか。おると?」「僕だよ」そこには死んだはずの息子がいた。こまつ座「戦後″命″の三部作」が完成。

第106回9月例会2021年9月27日(月)18:30開演

 劇団民藝
  泰山木の木の下で

作)小山祐士 

演出/丹野郁弓 

出演/日色ともゑ、桜井明美、千葉茂則、塩田泰久ほか

 

昭和30年代、小さな汽船が行き来する瀬戸内海に浮かぶ小島。戦争で9人の子どもを亡くし、ひとりで暮らす「ハナ婆さん」。ハナを堕胎の罪で連行しにやってきた木下刑事。彼も誰にも言えない苦悩を抱えていた。

第107回11月例会2021年12月1日(水)18:30開演

 劇団NLT
  ミュージカル O.G.

脚本・作曲/まきりか 

演出/本藤起久子

出演/旺なつき、阿知波悟美、池田俊彦 

ピアノ/村井一帆、金森大

新宿歌舞伎町に残る最後のキャバレー「ミラクル」は、あと一週間で閉店。共にスターを夢見で38年、2人の女性は「老い」と「夢」の狭間で場末の人生が終わろうとしていた。そんな彼女たちに起こった「ミラクル」それは…!

第108回1月例会2022年1月26日(水)18:30開演

 無名塾
  いのちぼうにふろう物語

原作/山本周五郎 

劇作/隆巴

演出/林清人 

出演/仲代達矢ほか、無名塾総出演

江戸深川の地はずれ、無法地帯にある「安楽亭」。無頼の若者たちが危険な抜け荷(密貿易)の運び屋で稼いでいた。しかし、愛を貫こうとする貧しい恋人たちのため、彼らは見返りを求めずに無償の愛に殉じる。

第109回3月例会2022年3月(未定)

 文学座
  一銭陶貨

作/佃典彦

演出/松本祐子

出演/中村彰男、奥山美代子、上川路啓志、奥田一平、高橋ひろしほか

 

愛知県瀬戸市で、戦争中に本当に作られていた一銭陶貨をめぐる職人たちの物語。明日をも知れぬ命をかけて、陶貨製造に心血を注いだ人たちがいた。